So-net無料ブログ作成
お知らせ・事務所のことなど ブログトップ
前の5件 | 次の5件

「ソフト・電気・機械分野の特許明細書作成のポイント」研修会開催のお知らせ [お知らせ・事務所のことなど]

弊所弁理士の椿が、財団法人経済産業調査会主催の下記研修会の講師を務めます。ご興味のある方は、どうぞご参加下さい。 

(以下、経済産業調査会 近畿本部HP
http://www.chosakai-kinki.jp/d_seminar/d_130301/d_130301.html
より転載致しております。)

ソフト・電気・機械分野の特許明細書作成のポイント
~将来の審査対応・特許訴訟・ライセンス交渉を見据えて~

主催 財団法人経済産業調査会
協力 近畿知財戦略本部

特許庁に受理される程度のレベルの明細書であれば、少し勉強するだけで誰でも書けるようになります。しかし、出願後の審査で困ることのない明細書や、将来のライセンス交渉や特許訴訟で有利となる明細書(いわゆる「レベルの高い明細書」)を書くためには、長い経験を積む必要があります。一方で、発明を外国勢から守り、日本の国際競争力を強化する明細書を作成することは、日本の特許実務家に課された使命でもあります。
今回のセミナーでは、特許出願後の審査、ライセンス交渉、特許訴訟を見据えた上での明細書作成のポイント(ソフト・電気・機械分野)について解説いたします。また、明細書が悪かったために特許権者が不利になった裁判例や、ライセンス交渉の仮想事例などを挙げ、「明細書をどう書いておけば不利にならなかったか」についても詳しく解説いたします。是非この機会に多数のご参加をお待ちしております。

**講義のポイント**

1 明細書作成の準備(発明の発掘・把握、上位概念化、多面的な保護、実施例の補充)
2 明細書の作成(クレームドラフト、実施例の記載、図面の記載)
3 将来の中間処理(拒絶理由対策)の観点から見た好ましい明細書
4 将来の特許ライセンス交渉・特許訴訟の観点から見た好ましい明細書
5 将来の国際出願(PCT出願)、外国出願の観点から見た好ましい明細書
6 技術情報漏洩の防止の観点から見た好ましい明細書
7 外国語明細書作成のポイント
8 裁判例・ライセンス交渉の仮想事例に基づく明細書の改善点

講師
椿特許事務所 所長・弁理士 椿 豊 氏

日時
平成25年3月1日(金)10:00~16:10 (受付は9時30分から)

会場
大江ビル13階 第5会議室
大阪市中央区農人橋1-1-22
(地下鉄:谷町線・中央線「谷町四丁目」駅下車、8号出口すぐ)
電話 06-6946-3939(大江ビル管理事務所)

定員
30名(定員になり次第締切ります。)

受講料(税込)
(資料代含む)
特別会員 10,000円
普通会員 15,000円
購読者※ 18,000円
一 般 23,000円

※経済産業公報・特許ニュース及び知財ぷりずむの購読者の方です。

お問い合せ:財団法人経済産業調査会 近畿本部
セミナー・講演会係
TEL:06-6941-8971 FAX:06-6941-8992

IPDLを利用した特許調査セミナー開催のお知らせ(福井県) [お知らせ・事務所のことなど]

近畿経済産業局主催、 一般社団法人福井県発明協会の共催により、弊所の白鹿(しらが)弁理士による表題のセミナーが開催されます。特許調査にご興味のある方は、是非ご参加下さい。

関連情報を、財団法人 経済産業調査会 近畿本部のWEBサイト
http://www.chosakai-kinki.jp/workshop/ws_130123.htm
より、下記に転載します。

------------------------------------------------
IPDLを利用した特許調査(基礎編)
~自分でやってみる先行技術調査~

主催 近畿経済産業局
共催 一般社団法人福井県発明協会

 知的財産を利用して戦略的に事業を推進していくためには、様々な局面で、公開されている特許情報を利用した適切な判断を行うことが重要です。しかしながら、我々が利用可能な特許情報は膨大であり、この中から適切な情報を効率的に探し出すのは大変です。また、検索により得られた情報を適切に利用することも必要です。今回のワークシッョプでは、特定の発明に関係する既存の特許情報の検索、特に発明を権利化するまでに行われる先行技術調査に関して、発明の新規性・進歩性についての基本的な考え方の説明も含めながら、効果的な検索手法例をご紹介します。その後、仮想事例について実際にIPDLを利用した検索を行っていただきます。また、より効率的に検索を行うことを念頭に、IPDLと他の一般的な特許情報データベースとの違いについても簡単にご案内する予定です。是非、この機会に多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

講 師
椿特許事務所 弁理士 白鹿(しらが) 剛 氏
日 時
平成25年1月23日(水) 13:30~16:30(受付は13時から)
場 所
福井県産業情報センター5階パソコン実習室A
(福井県坂井市丸岡町熊堂3-7-1-16)
電話
0776(67)7416(福井県産業情報センター)
定 員
20名(定員になり次第締め切ります。)  
対 象
中小・ベンチャー企業の経営者・実務者 (定員を超えた場合には、大企業の方は、参加をお断りする場合があります。)
レベル
基礎編
------------------------------------------------

謹んで初春のお慶びを申し上げます  平成二十五年 [お知らせ・事務所のことなど]

謹んで初春のお慶びを申し上げます

旧年中は多くの方々にお世話になり、誠にありがとうございました
新らしい年の始まりをお喜び申し上げます
本年もご指導ご鞭撻頂きますよう宜しくお願い致します

平成二十五年 元旦

椿特許事務所
所員一同

(1月4日より、通常通り業務を行っております。)

椿特許事務所・冬期休業のお知らせ [お知らせ・事務所のことなど]


本年も残すところわずかとなりました。
椿特許事務所では、12月29日から1月3日までを冬期休業とさせて頂きます。

多くの方々のお世話になり、今年も無事一年を送ることができました。所員一同、心より感謝いたします。
来年も所員一同知恵を絞り、さらによいサービス、さらなる業務の向上を図りたく思います。

本年は事務所のIT・ネットワーク機器を刷新したり、新しい什器を導入したりとハードウェア面での進歩がありました。来年も、機械で自動化できる業務についての自動化を進め、間違いのない正確な業務をクライアント様に迅速に提供できる環境を整備してゆきたく思っています。

本年は、事務所開設以来初めての企画として、所員と家族揃って温泉旅館での一泊忘年会を開催しました。↓
http://www.fushioukaku.co.jp/
所員の子供同士が仲良く遊び走り回る、賑やかで楽しい忘年会となりました。来年も楽しいイベントを開催したいと思っています。

また、事務所では来年の人事計画として、秘書業務を担当して頂ける方の募集を行っています。几帳面で丁寧な作業ができる方のご応募をお待ちしております。

http://www.tsubakipat.jp/recruit.html

これから寒さ本番となりますが、皆様の年の瀬と新年が楽しく心暖まるものとなりますよう、心よりお祈り申し上げます。
どうぞ良い新年をお迎えください。

来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

椿特許事務所
弁理士TY

本年の事務所の運営方針など [お知らせ・事務所のことなど]


2012年も始まって3週間あまりが経過しました。

寒い日が続きますので、皆様、風邪などひかれませんようにお過ごしください(当事務所内でも、風邪などの防止のため、強力な加湿器を追加導入しました)。

2012年は、筆者の弁理士登録15周年(知財の仕事を始めてからは、丸18年)となります。大学時代に、最新の科学技術に触れることができる弁理士の世界に憧れ、弁理士になりたいと思ってから、20年ほどが経過したことになります。

諸先輩方からしますとまだまだハナタレですが、これまでに学んだことを基礎に、今年もさらなる研鑽を積み、お客様(クライアント)にとってよりよいサービスを提供して行きたく思っています。

弁理士になった頃から、また特許事務所を開設したときから、「お客様にとって、良いサービス、真に提供すべきサービスとは何か?」について自問自答してきました。

また、「私が本当に会社の発展を願う会社社長や知的財産部部長であったなら、どんな弁理士を選んで、またどんな特許事務所を選んで、仕事を依頼すべきだろうか?」とも考えていました。

そして若手弁理士と仕事をするようになってからは、彼らをどのような方針で成長させて行くべきか、全員でどのような特許事務所を創ってゆくべきかいつも考えるようになりました。

私が一番大切に思うことは、「基本の仕事を誰にも負けずにしっかりとやる弁理士であること」、「何が重要事項であるかをしっかり把握し、周囲に惑わされることなく、重要事項に全力をそそぐ弁理士であること」かと思います。

たとえば、日本を含めた世界の各国で、よりよい権利を、より低コストで、よりスピーディーに、より高い登録率で取得することに関して、誰にも負けない弁理士でありたいと思い、所内の弁理士にもその方針を貫いてほしいと思っています。

ある程度の期間仕事を続けると、人はついつい自分が「できたつもり」、「わかったつもり」になりがちであり、傲慢になったり、さらなるスキルアップを怠りがちです(そして結局は時代に取り残され、レベルが下がっていく)。

今年も初心を忘れずに、所内の皆で日々研鑽を図りながら弁理士としての業務を行い、当事務所を運営して行きたく思っています。

そして今年も、世界各国で「使えるよい権利」を当事務所でジャンジャン取得して行きたく思っております。


椿特許事務所
弁理士TY

前の5件 | 次の5件 お知らせ・事務所のことなど ブログトップ