So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

バフェットとゲイツ [small talk(椿特許事務所 喫茶室)]

何気なくテレビをつけると、ディスカバリチャンネル(japan.discovery.com)で、ウォーレン・バフェットが母校のネブラスカ大学(リンカーン校)で、ビル・ゲイツと共に米国の大学生相手の質問に答えるという番組をやっていました(番組名「ビジネスの巨匠たち バフェットとゲイツ」)。

番組クレジットでは、2006年の著作物となっていました。「ドッグイヤー」(この言葉、今でも使っている人いるのか?)な現代社会ではだいぶ昔の対談になるのかもしれません。

お二人とネブラスカ大学の大学生の話す英語に興味を引かれて見始めましたが、内容も面白く、ついつい最後まで見入ってしまいました。

ユーモアや、観客を楽しませようとするサービス精神など、日本とアメリカは、ある意味全く違う文化圏に属しています。こういう2人を生み出すアメリカという国は、やはり面白い国です。

「10年後に何をしていたいか?」という学生の質問を受けて、バフェットは「今の仕事が好きだから、10年後も毎朝起きて仕事に行きたい」と答えており、今を生きることを心から楽しんでいることが伺えました。過去に囚われず、未来に惑わされず、かけがえのない(二度とは来ない)今現在を大切に生きよ、というのは、キリスト教や、仏教(特に禅の思想で顕著)での根本思想の1つとなっています。

ふと思うと、地味な仕事ですが、私の10年後も今の仕事を続けていたいと願っていたりします。いや、野望を持って、これからもっといろんなことを学んで、10年後には今よりもパワーアップした明細書や意見書を書ける弁理士になっていたいと思っていたりもします。


椿特許事務所
弁理士TY

【補足】
恐らく、番組と同じ内容を収録したDVDがこちら。↓

バフェット&ゲイツ後輩と語る 英日バイリンガル版―学生からの21の質問【DVD付き(英語字幕)】

バフェット&ゲイツ後輩と語る 英日バイリンガル版―学生からの21の質問【DVD付き(英語字幕)】

  • 作者: センゲージラーニング
  • 出版社/メーカー: 同友館
  • 発売日: 2008/06/30
  • メディア: 単行本


興味のある英語教材の内容を何度も繰り返して聞いて、それを声に出して真似て、暗記して身振り手振りでリピート(暗唱)できるようになれば、あなたの英語力は相当なものになっていることでしょう。よい教材が簡単に手に入る、いい時代になりました。


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0