So-net無料ブログ作成

ワシントンDC便り(10) [small talk(椿特許事務所 喫茶室)]

(前回より続く)

2009.7.9 時差ボケとシャラポワと言いわけ

あっという間で、BSKBによるサマートレーニングプログラムは明日で終わりです。明後日には日本へ戻るので、そろそろ時差ボケ対策をしなければ、と思いました。ちなみにワシントンDCと日本の時差は13時間。最も過酷です。

ウィキペディアによれば、時差ボケとは、身体が刻む生活リズムと、周囲で発生している外因性リズムとにずれが生じることに起因しているようです。ならば、ワシントンDCにいる時から日本と同じ外因性リズムを受けるようにしていけば、日本に帰ったころには既に身体には日本の生活リズムが刻まれており、ロケットスタートを切れるはずです。そこで私は、日本と同じ外因性リズムを受けるような生活を今日からワシントンDCですることに決めました。つまり「昼間寝て、夜寝ない」。

今日は、午前中で講義が終わったため、昼食後さっそくベットに入ってみました。しかし真夏のような太陽が差し込む部屋で、どうも寝付けません。部屋の窓からホテルの中庭を見下ろせば、そこにはプールがありました。私は部屋のベットではなく、プールサイドのイスで睡眠をとることにしました。

プールサイドでしばらく寝ていると、N事務所のNさんとS社のOさんもやってきました。しかし彼らはプールに来たものの、あまり泳ぎもせずにそわそわしています。とても怪しいので事情を訊くと、プール監視員のシャラポワみたいな女の子と写真を撮りに来たと白状しました。私は仕方ないので、シャラポワと一緒に彼らの写真を撮ってあげました。Oさんは気を利かせたのか、僕とシャラポワの写真も撮ると言い出しました。私はあまりその気はなかったのですが、場の空気を壊しても何なので、撮ってもらうことにしました。するとシャラポワは写真好きらしく、いろいろアングルや表情に注文を出してきました。私は最終的に、シャラポワと手をつないで写真を撮ることになりました(写真参照、Nさんのお姿は切っておきました)。

シャラポワ .jpg_edited.jpg

シャラポワと写真を撮っている間、運悪く女性参加者であるK事務所のOさんがプールサイドを通り、ちょっと軽蔑した目で私を見て、無言で通り過ぎました。ちっ、ちがうのに~・・・


2009.7.10 最終日

今日は最後の講義として、模擬審理(Mock Trial)を見学しました。模擬審理はVirginia州Fairfaxにある実際の法廷を借りて行われました。BSKBのattorney達が裁判官や代理人の役を演じ、セミナー参加者の何人かが陪審員役を演じました。

特許権者側が主張する発明日が認定されるか否かを争点として、裁判官主導の下、各当事者の代理人が陪審員に対して意見を述べました。双方の代理人が意見を述べ終わると、陪審員は議論を行い、最終的な結論を出しました。代理人が意見を述べる際には、ボードを使用することにより陪審員のわかりやすさを重視しているようでした。

mock trial_edited.jpg

夕方から、ポトマック川に浮かぶ巨大な船の上でClosing banquetが行われ、そこでお世話になったBSKBのスタッフや参加者たちと最後の挨拶をし、夜遅くまでダンスを楽しみました。

宴はホテルに帰ってからも続き、ホテルの中庭に車座になって、BSKBのジョージが持ってきてくれたウイスキーをやりました。その後も・・・

closing banquet2_edited.jpg

1ヵ月間、米国特許法や米国弁護士の雰囲気、海外での生活などを体感することができて、非常に有意義でした。この機会を与えて下さったTY弁理士、および私の不在の間業務のサポートをしてくださった当事務所の所員の皆様に心から感謝申し上げます。

closing banquet_edited.jpg


椿特許事務所
弁理士IT

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0