So-net無料ブログ作成

WELKER BEARING v. PHD (means-plus-functionクレーム解釈)(3) [米国特許(判例)の研究]

These later claims recite a finger mechanism that does not explicitly include rotational movement.

This ’254 patent issued on July 5, 2005. Claim 1 of the ’254 patent reads:


A locating and clamping assembly comprising:

a body defining an internal cavity and an opening from said cavity to the exterior of said body;

a locating pin disposed in said cavity and extending along an axis A out of said opening to a distal end;

an actuator for moving said locating pin rectilinearly along said axis A into and out of said opening;

at least one finger supported by said locating pin adjacent said distal end;

said assembly characterized by a mechanism for moving said finger along a straight line into and out of said locating pin perpendicular to said axis A in response to said rectilinear movement of said locating pin.


【メモ】

継続出願で新たに起草されたクレーム。最初(親出願)のクレームから比べると、「rotation」の限定も無くなり、かなりすっきりしたよいクレームとなっている(いろいろと突っ込みどころもあるが)。


【日誌】

5月末に若干ぐずついた空模様も顔色を変え、さわやかな6月のスタートとなりました。

面白い発明に出会うことができたり、弁理士M氏、Y氏に事務所に立ち寄って頂いたり、近くのブリーゼタワーにSEAMOや藤井フミヤが来たりなどイベント事が多々あり、西梅田で楽しく仕事をしています。

弁理士M氏、Y氏とは、court(法廷)の方ではなく、tennis courtの方で次回お会いしたく思っています(後者のcourtではどうぞ遊んでやってください)。

下の写真は、人がいなくなった後のブリーゼタワー1Fメディアコートにて。詳細は、下記URLから。
http://breeze-breeze.jp/event.html


ffujii.jpg

椿特許事務所
弁理士TY

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0